家のリフォーム&改修情報

総合住宅リフォームのことならなんでも

外壁材の種類はいろいろです。

外壁材には、大きく分けると湿式工法と乾式工法があります。

湿式工法とは、材料に水を入れて練り、それを乾燥させてできたものです。一方で、乾式工法は、湿式工法とは違って水を使用せず、ボード状になっている外壁材を直接取り付けるものです。湿式工法では、専門的な技術が必要になるため費用が高くつきますし、長期間かかりますが、高級感あふれるものになります。
一般的に使われているのは、乾式工法の方ですね。サイディングとも呼ばれています。サイディングは、非常に種類も多いので、外壁が取り付けられた後の状態もいろいろな印象にできるほか、汚れなどにも強いため、手入れが楽ということがあります。
その他、外壁材としては吹付という方法もありますね。日本家屋の外壁などに用いられたりしていますが、こちらも独特な仕上がりの、落ち着いたものとなっています。外壁材は、こだわるととても面白いので、外壁リフォームをするときには、ぜひこだわってもらいたいと思います。



コメントを残す