家のリフォーム&改修情報

総合住宅リフォームのことならなんでも

外壁リフォームに重要なのは、外壁材です。

外壁リフォーム出来になる事の一つに、どのような外壁材を使用するかということがあります。数多くある外壁材から最も適切な外壁を選ぶ時には、二つの側面から考える必要があります。一つは性能、もう一つはデザインという側面です。
まず、性能についてですが、基本的に外壁材には、火事が起きた時に被害を最小限に食い止めるため、不燃性であることが求められます。不燃性という点では、コンクリートやレンガ、モルタル、漆喰といった不燃材料、火事が起きたとしても10分間は何とか持ちこたえられる、石膏ボードや木毛セメント版といった準不燃材料、火災が起きた後5分間は何とかなる、難燃合板などの難燃材料があります。もちろん、不燃性の材料を使うことがベストです。
そしてもう一つ、デザインという側面からは、家の外観との調和、周辺の環境との調和などを考えて選びます。いくつも選択肢はあると思いますが、じっくり選ぶことが重要ですね。機能とデザイン、両面からバランスよく選ぶことが最適です。



コメントを残す