注文住宅は耐震性能で選ぶ

新築一戸建ての後悔はトイレの設計

新築一戸建て住宅のトイレについて後悔しているところはあります。それは要らないものをいくつかつけてしまったところです。

まず、トイレ背面の棚が入りませんでした。棚の位置が高すぎるので使っていないのですよね。しかし当初は、トイレ背面の棚を使おうとしていました。けれど、私の身長そのままでは、トイレ背面の棚に手が届かないので、トイレに乗っかってトイレ背面の棚を使おうと思ったのです。

しかし悲劇は起きたのです。私が乗っかったトイレのフタにひびが入ってしまいましたよ。面倒がらずに台を使えばよかったと、まあ「後悔先に立たず」的なことを思ったりもしていますが。しかし人間ができていない私は、「それもこれもトイレ背面の棚の位置が高すぎるから」などと思ってしまったりしているわけです。

というか、トイレには洗面所があり洗面ボウルの下は収納になっていますので、トイレ背面の棚は要らなかったというわけでしょう。なんだか微妙にいくつかトイレの設計は失敗しているように思います。要るもの要らないものをちゃんと考えれば良かったと後悔しています。



Comments are closed.